フランチャイズ@募集・比較NO.1

「フランチャイズ」の基礎知識「フランチャイズ」とは

リーマンショック以降、正社員のサラリーマンの方にも「雇用不安」が押し寄せていますね。そんな厳しい中、思い切って「独立・起業」を目指す人も増えているんですよ。不況という「ピンチ」を、逆に「チャンス」として考え、以前からやりたかった仕事を始める人が、若い世代だけでなく、中高年世代にも多く見られるようになってきたのです。

しかし、独立・起業は簡単なことではありません。「企画」から「開業」、「営業」に「経理」など、仕事に関する「様々なノウハウ」を持ち合わせていないと難しいものなんですね。そこで、「フランチャイズ」というスタイルで独立・起業することが注目されているのです。

フランチャイズの意味とは、分かりやすく説明すると「加盟店」のようなものです。親会社から「営業のノウハウ」を学び、「商品の仕入れ」なども行い、仕事に関する「基礎となる部分」を提供してもらう仕組みです。そして、その基礎の上にオーナー独自のサービスなどを加えることによって、「親会社のサポートを受けながら独立・開業する」というものですね。

ところが、親会社は無料で商品の提供やノウハウの講義をしてくれるわけではありません。当然ですが、これらのサポートを受けるには「コスト」がかかるんですね。現在のフランチャイズでは、「売り上げの○○%をキックバックする」という方式が採用されていることが多いと思います。

フランチャイズは、親会社のサポートを受けての営業になりますが、オーナーのお給料が決められているわけではありません。また、アルバイトのお給料もオーナー自身で決めることが出来ます。つまり、「少しのサポートを受けながらも、残りの部分はオーナーの腕前次第」というのがフランチャイズなのです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 フランチャイズ@募集・比較NO.1 All Rights Reserved.