フランチャイズ@募集・比較NO.1

フランチャイズを始めるにはだいたいの開業資金とは?

フランチャイズの「開業資金」について詳しく勉強しておきましょう。フランチャイズと聞くと、どうしても最初に「コンビニ」が浮かびますね。コンビニの場合、オープンまでの様々な条件にもよりますが、たいていは「300万円前後」が開業資金の目安になると思ってください。しかし、「300万円前後」がすべてのフランチャイズの目安になるわけではありません。「300万円前後」は、あくまでも「コンビニの場合」だと考えておきましょう。

フランチャイズの開業資金は、「業務内容」と「店舗の規模」によって大きく変化します。たとえば、「本屋さん」や「リサイクルショップ」などは、「売り場」だけでなく「倉庫」も必要になり、「広い土地」がどうしても必要になります。したがって、「1000万円以上の資金」を用意することも少なくないんですね。

また、「車1台による移動式のサービス」や「ネット上でのフランチャイズ」の場合は、店舗を必要としませんので、「100万円以下」で開業できる場合もたくさんあります。

では、「職種」による開業資金の違いについて見ていきましょう。たとえば、コンビニや居酒屋などの「飲食業」の場合、たいていは「300万円〜500万円」が相場になっていますね。また、「大型販売店」の場合は「1000万円以上」が必要になる場合が多く、サービス系の「オフィス型」の場合は「300万円以下」であることが多いのです。

フランチャイズを始めるには、まずは「あなたに適している職種」を見つけることが大切なのですが、それが見つかったなら、今度は「開業資金の金額」で本部を決定することも面白いですね。同じ職種でも、本部によって開業資金に大きな差がある場合もあり、「開業資金」という観点からも業者選びが出来るようになっておきましょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 フランチャイズ@募集・比較NO.1 All Rights Reserved.