フランチャイズ@募集・比較NO.1

失敗しないフランチャイズ資金調達

フランチャイズのお店をオープンさせるには、当然ですが「オープン資金」が必要です。しかし、資金調達の方法を間違ってしまうと、後々の経営が大変なことになるケースもありますので、ここでは資金調達について皆さんと考えたいと思います。

まず、最も理想的なのが「自己資金で全額を用意する」という方法ですね。銀行からの借入金などで開店資金を工面する方法もありますが、後々の経営実績がまだ不透明である状態では、やはり「自己資金で用意する」という方法がオススメです。実際、コンビニのフランチャイズの場合は、ほとんどのオーナーさんが自己資金で独立・開業されています。

しかし、ファミリーレストランなどの大型店舗の場合は、なかなか自己資金では工面しにくいですね。時として「1000万円以上」もの資金が必要になるケースもありますので、この場合は自己資金以外の方法で工面する方法も有効です。

たとえば「銀行やノンバンクからの借入金」です。しかし、「お店をオープンするのでお金を貸して下さい」と言っても、「了解です」とすぐに貸してくれるわけではありません。貸し出しには、当然ですが「審査」が待っているのです。銀行が開店資金を貸し出す時には、「担保」や「貯金額」、「収入見込み」なども考慮されますが、最も重視されるのが「事業計画」です。つまり、「この計画で事業がうまくいくのかどうか?」が、プロの目線で判断されるんですね。

また、「フランチャイズの本部で資金調達する」という方法もありますよ。たとえば、コンビニの本部の中には、「○○万円の補助」や「○○万円の免除」などの制度があります。あなたにこれらの制度を受けられる資格があるかどうかを確かめて、利用できるならぜひ申し込むようにしておきましょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 フランチャイズ@募集・比較NO.1 All Rights Reserved.