フランチャイズ@募集・比較NO.1

失敗しないフランチャイズ販売促進を考える

「販売促進」をしっかりと考えることは、「安定して黒字を出す」ために必要不可欠なものです。フランチャイズで失敗する人の多くが、この販売促進で失敗をしている人たちなのです。そこで、「安定して黒字を出すための販売促進」についてしっかりと考えておきましょう。

効率的な販売促進を勉強する前に、まずは「絶対にやってはいけないこと」を紹介します。それが、「オーナーのこだわりを前面に押し出す」というものです。オーナーとしては、「こだわり」を前面に押し出し、少しでも他店との差別化を図りたいところですが、「こだわり」を押し出しすぎたために、「消費者無視」の経営に走ってしまうことがあるのです。つまり、「消費者が望んでいるサービスや商品を提供していない」という結果になり、これでは安定して黒字を出すことなど不可能です。もちろん、多少の「こだわり」であれば、それを喜んで下さるお客様もいますので大丈夫だと思いますが、「押し出しすぎる」ということはやめておきましょう。

さて、「効率的なビジネスを考えた販売促進」とは、まさに「消費者目線で考える」ということです。「消費者が何を望んでいるのか?」、あるいは、「消費者に受け入れられるサービスとは?」を徹底的に考え、それをあなたの販売促進に取り入れておきましょう。

しかし、ここで勘違いしてはいけません。消費者目線を考えすぎるあまり、「お客様=神様」と感じてしまい、ひたすら「ペコペコする」という結果になってしまうことがあるのです。これは困ったものですね。消費者は、優越感を感じるためにお店に来るのではありません。必要な商品やサービスを求めて来店されるのです。したがって、卑屈になってサービスを展開するのではなく、「これがあなたの求めるものですね!」と、正々堂々と対処することが、本当の販売促進と言えるでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 フランチャイズ@募集・比較NO.1 All Rights Reserved.